産まれてくる子供がもしも女の子だったら…

私は現在妊娠中で、今年の6月に出産予定です。
性別はまだ分かっておりません。
もしも女の子の場合、私のムダ毛の濃さが遺伝しないかとても心配です。
私はムダ毛が濃いことで今までかなり苦労してきました。
今でも肌の露出は、ムダ毛が気になってあまりしたく無いと思っているほどです。

自己処理を繰り返したせいで肌荒れもしょっちゅう起こしましたし、好きな人から「毛深い」と言われ、とても傷ついた経験もあります。
娘も同じ経験をするのかと思うと、可哀想で仕方ありません。
想像するだけで胸が痛くなります。
産まれてくる子供がもしも女の子だったら…
娘には私と同じ思いはさせたくありません。
奇跡的に私の剛毛さが遺伝せず、ムダ毛が薄ければ何も問題ありませんが、私の遺伝子をばっちり継いでしまった場合は、親として脱毛サロンに早いうちから通わせてあげたいです。

今は中学生から脱毛が出来る脱毛サロンもあるみたいなので、娘が中学生になったらすぐに全身脱毛をさせてあげたいと思っています。
私は自分が初めて脱毛サロンに通ったのは23歳頃でしたので、もっと早くに脱毛サロンに通えば良かったと後悔しましたので、娘には早めに施術を受けさせてあげたいです。

私の様に、異性から「毛深い」と言われることの無い人生を送って欲しいです。
脱毛サロンが存在し、本当に良かったです。値段もどんどん安価になっていってますし。
自己処理の仕方もしっかり教えてあげたいと思います。
親として、してあげられることは全てしてあげたいと思います。

化粧水の前に乳液をつける??

こんにちは。みなさんはいつも洗顔後のスキンケアをどのような順番で行なっていますか?
洗顔後は化粧水をつけてから乳液をつける。という順番でスキンケアを行なっている人が多いのではないでしょうか。

もちろんその順番でもいいのですが、今回は化粧水をつける前に乳液をつけるというスキンケアを紹介したいと思います。
乳液を先につけることによって、後につける化粧水の浸透力がぐっとあがるんです!特に乾燥の気になるいまの季節にとってもおすすめなスキンケアです。
化粧水の前に乳液をつける??
なぜ先に乳液なのかというと、乳液には肌の表面を柔らかくしてくれる役割があるので、そこに化粧水を重ねることによって、いつも以上に水分をたっぷり肌に浸透させることができるんです。
洗顔後、両手でしっかり乳液を肌にプレスさせ、化粧水もたっぷりつけて浸透させてあげます。
何度繰り返してもいいのですが、必ず最後は乳液で水分が逃げないようにフタをしてあげるとより保湿できます。肌がひんやりしてくると水分がしっかり浸透している証拠です。

私も、初めてこのスキンケア方法に変えた時は今までと違う肌のしっとりふっくらした触り心地に感動しました。
乾燥の気になる季節は、毛穴が目立ち、吹き出物ができてしまったり、乾燥により化粧のりが悪くなったりと肌トラブルがたくさん起きてしまいますよね。
今回紹介したスキンケアをぜひ試して、乾燥・肌荒れ知らずの美肌を一緒に目指しましょう!

脇のムダ毛処理で一汗かいた!

脇のムダ毛を処理するのはものすごく大変だと思いませんか?
それと同時に絶対に欠かせない女性としてのエチケットでもあります。
ここの処理をカミソリでしているという方は比較的簡単にムダ毛の処理が行えているはずです。
しかし私のように毛抜きでやるという人は相当大変な思いをするでしょう。
毛抜きでのムダ毛処理は時間がいくらあっても足りないのです。
脇のムダ毛処理で一汗かいた!
私はこの脇の処理を久々にして一汗かきました。
最初はまとめ抜きして、段々数が減ってきたら一本ずつ抜いて行きました。
もう処理が終わったら疲れてくたくたです。
首は痛いわ、目はしぱしぱするわで大変でした。
脇のムダ毛処理は体力的にも精神的にも疲れる作業です。
私はこれでいつも体力も精神力も奪われています。
この脇の処理が大変で、いつも苦労しています。
こんなにも苦労して脇処理をしている人は少ないのかもしれません。

ムダ毛を毛抜きで処理した後はすごく疲れるけど、同時に達成感もありますね。
へとへとになるまで疲れるけど、ムダ毛の処理が終わると脇が想像以上に綺麗になるので、この処理は好きです。
ただこの処理をしすぎると肌を傷めてしまい、良くないのです。
だからほどほどにムダ毛の処理をするようにしています。
毛抜きを使うと痛い代わりに奥の奥までムダ毛が抜けるのが嬉しいところです。

脇のムダ毛処理で一汗かいて、やっと終わりました。
ムダ毛の処理をした後はすごく清々しいけど、くったくたになります。
一汗書いてシャワーを浴びたくなりました。

医療脱毛「腕」のいろは

女性であれば一度は憧れることもある全身脱毛、できるならクリニックに気軽に相談してみたいと思う人が多いのではないでしょうか。
脱毛施術経験者意外には浸透していない情報を公開されると、医療脱毛への門も叩きやすくなるといえます。

そこで、脱毛箇所ごとの詳細をご紹介していきます。

医療脱毛「腕」のいろは
両腕においての特徴は、二の腕と呼ばれる上腕二頭筋、肘から手首まで、手首から指先までの3カ所に分類され、腕から指先までの脱毛にかかる所要時間は1時間以内と短時間ですみます。
上半身では、フェイスと同様に注目を浴びる部位ですが、脱毛により毛穴の目立ち方が抑えられるというメリットもあります。
施術中の姿勢については、全身のなかでも気が楽ではないでしょうか。
ノースリーブの着用で肩から指先を露出させた格好で受けるクリニックが多いと思います。
痛みの強度は、やはり手の甲から指にいたる部位が最も高くなります。
リスクマネジメントでは、毛の薄い部分に多く発生する増毛化、硬毛化、炎症性浮種の順で見られます。
また、「モウコウセンタイセン」という皮膚疾患の場合においても、火傷のリスクからレーザー照射は控えるように指示されることがあるようです。
腕の内側はとくに皮膚が薄く刺激に対しても大変デリケートなために、レーザー照射を控えることもあるでしょう。

最も重要な料金設定ですが、自由診療において全回数こなして 7万から10万円というところです。
以上、腕の脱毛について簡単にご紹介しました。
医療脱毛「腕」のいろは

個人経営の脱毛サロンの利点と欠点

無駄毛の処理をしたくて脱毛サロンに通う事を検討する時に、大手のサロンをすぐに思いつく人は多いのでは?
しかし、脱毛サロンと言うのは、大手だけでなくて個人の脱毛サロンもあります。
ここでは個人の脱毛サロンに焦点を当ててみましょう。

個人経営の脱毛サロンの利点と欠点
・個人サロンの利点は
個人のサロンは、規模は小さいながらも確かな施術の腕を持ち経営しています。
個人サロンとして独立している経営者は大手のサロンで修業をしてきて、経験を積んでから独立に踏み切る人が多いです。
ですから、小規模であったとしても腕もありますし、経験値もあるのです。
また、大手のサロンのように営業のノルマがあるわけではないので、個人と個人の繋がりによりお客さんの輪が広がっていきます。
したがって無理矢理のような勧誘は普通はないです。
スタッフとの信頼関係も築きやすくて、個人の悩みに真摯に向き合いやすいです。
大手のサロンなら行く度にスタッフが変わるという事もあります。
また予約も取りやすい面も利点でしょう。

・個人サロンの欠点
まずは情報量が少ない事でしょう。
地域限定のお店になるので体験者の話を聞く機会があまりなく、口コミが伝わりづらいので、行く前にどのようなサロンなのか知るのが難しいと言えます。
それから設備がどの程度充実しているのか、実際に見てみないと分かりません。
個人の経営の場合は常に最新機器を取り揃えるのが難しい面がありますので、その質にはばらつきが出てきます。
個人のサロンの利点と欠点、両方を見て大手とどちらに通うのか決めましょう。

脱毛サロンを姫路エリアでお探しの方には、下記のランキングサイトが役立ちますので是非活用してみて下さい。
姫路の人気脱毛ランキング